注文住宅で災害に強い家づくりができる!私たちにできる事とは

注文住宅の需要

濁流にのまれた家が多い中で、唯一踏ん張っていた家が昔ニュースやネットで取り上げられていましたね。濁流で破壊されることもなく、家本来の形を残したまま佇む姿にスゴイと感心した人も多かったはずです。そういう強い家を注文住宅で作る人が急増しています。

家づくりの夢が詰まっている

災害に強い家以外に、自分好みの外観にしたり、趣味部屋を作ったりなど予算が許す限り注文住宅で夢を形にすることができます。また最近は、ローコスト住宅というものが流行っており、お金をかけずにいいものを作るというコンセプトが掲げられています。

建売住宅と注文住宅の比較

建売住宅

住宅と土地がセットになったのが建売住宅です。一般的には、一つの土地を分けて何棟か建てた後に販売をします。完成した後や、建設途中に売り出されるケースもあります。大規模開発の場合、不動産会社が売主となりますが、小規模の場合は仲介業者を介して購入します。

注文住宅

土地探しからプランニングまで関わるのが注文住宅です。狭い土地でも、法律に問題がなければ間取りから、内装、外装、設備、工法まで自由に選択できます。

注文住宅を選んだ理由

no.1

新築の方が長持ちするから

古い家よりは、新築で建てた方が長持ちするものです。また最近の注文住宅は、いい素材を使うので長く住んでも新築の良さをそのまま残せます。

no.2

リフォーム代がかからない

中古物件のように、リフォームが必要なケースはほとんどありません。グレードを上げれば、数十年間リフォームなしで住み続けることができます。

no.3

生活環境が変わったから

子供も巣立ち、夫婦二人だけの生活になった時考えるのが老後の住まいです。若いころのように足腰も強くないですから、注文住宅でバリアフリーの家を建てようと計画する方はとても多いです。

no.4

土地活用がしたい

使っていない農地や空き地を利用して注文住宅を建てるという方もいらっしゃいます。活用方法としては、娘息子夫婦との同居に合わせて建て替えを行なったり、ゆったりと暮らせるこじんまりとした家が欲しい場合などです。

no.5

安く家を建てたい

注文住宅最大のメリットは、無駄なコストをかけずに家づくりができることです。土地をすでに所有している場合は、1000万円~1500万円で家が建てられます。予算に応じて賢く家づくりがしたい人向けでしょう。

[PR]神奈川で人気の注文住宅
プロが最良な設計プランを提案!

[PR]さく井工事なら専門業者に依頼すべし!
事前調査を無料で行なってくれる

[PR]大阪で注文住宅づくり!
良心的な価格で対応してくれる

安心安全の暮らしは注文住宅から!安全対策可能な工事

レディ

安全対策抜きでは語れない

家など建物を建てる際にはビーリング調査や、平板載荷試験を行ない、地盤の解析を行います。狙いは、液状化対策と建造物を建てる際の基礎を検討することです。専門業者は、建築基準法や住宅と公共工事の品質確保の促進についての法律などのルールに従って試験を行なうので、神奈川、大阪、埼玉で注文住宅を建てた後は安心して暮らせます。長期最良住宅を建てる場合は、住宅性能への評価が高いことが重要です。断熱材や耐震性、老朽化の軽減、構造の安定などが5点満点だとグッドです。

万が一の時に役立つ

注文住宅を建てるついでに、防災と水不足の対策に使えるさく井工事を行ってもいいでしょう。井戸水は緊急時に活用したい最も重要なライフラインの一つなので、数年前に行った大規模震災の後、工事をする家庭が増加傾向にあります。他には、農業用の水や、庭木への水やりなど防災以外にも活用されています。

広告募集中