地震に備えて液状化対策を今のうちに済ませよう

液状化対策で大切な家を守ることができます

液状化対策が必要なケース

  • 家が傾いている
  • 木造建築の家
  • 過去に液状化したことがある
  • 家の近くの道路に亀裂が入っている

液状化現象の仕組み

本来、砂などの小さい砂たちが集結して地盤を支えていますが、この粒同時が地震により引き離され水に浮いた状態となります。そのままにすると、砂が沈下し、水と分離してしまいます。これが道路に亀裂を起こします。

地震に備えて液状化対策を今のうちに済ませよう

作業員

対策の仕方

液状化現状を起こすには、砂と水が分離したり沈下したりなどの条件をなくすことが必要となります。そのために行なう工事は、緩い地盤を固めたり、地下水をなくしたりすることが先決です。また、地震の揺れにも対応できるよう、予め地下水位を低下させることも大切です。

液状化対策で必要なこと

何よりも大事なのは、地盤の性質を理解することです。家をこれから建てる人や購入する人は、地盤の状態を必ず確認してもらってください。地盤の欠点を把握すればうまく液状化対策が行なえます。

広告募集中