注文住宅ができるまでの流れを把握しておこう

理想の注文住宅を建てる時の心得やいい家を作るポイント

注文住宅ができるまでの流れを把握しておこう

男女

予算を立てる

どのような家を作りたいか、まずここから入らないと家づくり始まりません。叶えたい暮らしの形をリストアップし、家族で話し合う必要があります。ある程度ビジョンが固まると、家を完成させるのに必要な費用をシミュレーションします。注文住宅の場合は土地、本体、工事費、諸費用と色々かかりますが、本体価格の場合は総費用の約7割程度です。埼玉で注文住宅を建てる際、多額のお金が必要なのでローンを有効活用しましょう。

ライフタイルに応じて決める

例えば、夫婦二人だけの生活ならあまり広くない方がおすすめ。庭で家庭菜園をする場合は、庭付きがいいでしょう。自分だけの書斎を作ってもいいですね。子供たちが孫を連れて帰ってくる場合は、団らんできる場を設けるのもありでしょう。現在住む家の不満をメモに起こすと、優先順位が決まりやすいです。

土地探しは依頼先選びと一緒に行なう

依頼先と土地を効率よく探すなら、並行して土地情報の収集に努めましょう。その時、土地の価格や立地条件の確認もお忘れなく。依頼先探しでも、その会社の情報をネットや口コミでしっかりチェックすることを心掛けてくださいね。複数の会社から資料請求をすれば、比較に役立てられます。

焦らないことが大事

注文住宅は土地探しから、プランニングまでやることが沢山あるので、早く終わらせようと焦ってしまいがちです。失敗の元になるので、焦らずゆっくり進めるのが一番です。

見学に行こう

何もビジョンが浮かばない場合は、住宅会社が開催している見学会に参加する手もあります。注文住宅に使われている素材について担当者から詳しい話を聞けますよ。内装や間取りもチェックできるのでいいヒントになるはずです。

広告募集中